苗木城址


苗木城絵図(苗木城絵図)


苗木城址
苗木城は別名「赤壁城」とも呼ばれていました。 これは、苗木城絵図にも描かれているように、苗木城の壁が、一般的なお城のように白色ではなく赤土がむき出しになっていたためとされます。 壁が赤色だった理由については、木曽川に住む竜が白い色を嫌って、白色の壁を剥ぎ取ってしまったという伝説があります。 しかし実際の所は、苗木藩が財政難であったために城の壁を白色に塗ることができなかったのが赤壁の理由だとされています。


登城開始です。

入口

しばらく緩やかな登り坂が続きます。
道の脇には石垣が残っています。

石垣

風吹門跡になります。
二階が「飼葉蔵」として使われていた風吹門は大手門とも呼ばれ、城下から三の丸への出入口に位置します。 門の右側(南側)に門番所が併置され、昼夜を問わず人の通行を監視していました。 城主の在城時には開門し、江戸在府中は締め切られ、右側の潜り戸が利用されました。

風吹門跡

三の丸に入ると、大矢倉跡が目を引きます。
天守閣かと思うくらい、高く立派な石垣が築かれています。

大矢倉跡

苗木城は桜の名所としても知られ、
訪問時にはちょうど「苗木城桜祭り」が開催されていました。

桜

天守閣へと向かいます。
こちらは大門跡付近になります。
苗木城の中で一番大きな大門は、二階建てで、三の丸と二の丸とを仕切っていました。 門の幅は二間半、二階部分は物置に利用されていました。領主の江戸参勤出立時などの大きな行事以外は開けず、 普段は、左側(東側)にある潜り戸を通行していました。

大門跡付近

天守閣への道は結構な登り坂となっています。

登り坂

天然の大きな岩があちこちに見られ、石垣の代わりとなっているようです。

大きな岩

苗木城には大きな岩をあちらこちらで見ることができます。
こちらは馬洗岩と呼ばれている岩です。岩の周囲は約45mもあります。
馬洗岩の名の由来は、かつて苗木城が敵に攻められ敵に水の手を切られた時、 この岩の上に馬を乗せて、米にて馬を洗い、水が豊富であるかのように敵を欺いたことから付けられたといわれています。

大きな岩

天守閣跡が見えてきました。

天守閣跡

最後に石垣を登ると頂上に着きます。

頂上手前

かつて苗木城の天守閣があった場所には、展望台が造られています。
苗木城の天守閣は2つの巨石にまたがる形で築かれ、3階建ての建物でした。
この展望台は、苗木城天守の三階部分を一部復元した物だそうです。

展望台

展望台からの眺望(東側)です。
眼下には天然の堀である木曽川が流れ、対岸には中津川市街地が広がっています。
さらに遠方には恵那山が見え、絶好の眺望です。

天守閣からの眺望


ホーム
inserted by FC2 system